×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズ名勝負プレイバック2009「巨人vs日本ハム」

日本シリーズ名勝負プレイバック2009「巨人vs日本ハム」

ここからは、日本シリーズの過去の名勝負どご振り返っていぐす。

 

まずは2009年、巨人と日本ハムの決戦だス。
圧倒的な力でペナント、プレーオフどご制したチーム同士とあって、実力伯仲の好試合が相次ぐ一方、日本ハムはエースのダルビッシュ投手が故障によって戦線離脱中とあり、戦めは巨人有利としゃべる見方が多かったように思えます。

 

ほんたら中、第1戦は巨人がゴンザレス投手、日本ハムは武田勝投手が先発。
ゴンザレス投手はこっちゃある年、15勝2敗、防御率2.11としゃべる非常に安定した成績どご残しており、こっちゃある試合でも序盤こそ不安定ながらしっかり試合どご作ったやス。
一方の武田勝投手も粘りの投球どご見せていだスが、5回に捕まり6回3失点で降板。
試合は9回に日本ハムが追い上げるも、4−3で巨人に軍配が上がったやス。

 

んでもって2試合目。
1試合目どご落とした日本ハムは、大きな賭けに出ます。
登板不可能とさえ言われとったエース、ダルビッシュ有投手どご先発として起用したしがらす。
こっちゃある日、ダルビッシュ投手は明らかに本調子とは程遠い中、緩いカーブどご多投して巨人打線どご翻弄すド。
エースならではの、悪い状況でも抑えるそっちゃある姿にナインも刺激どご受け、巨人先発内海どご3回に攻略。
6回2失点にくいとめたダルビッシュ投手の活躍で、日本ハムが勝利してだス。

 

ここで日本ハムに勢いがいぐかと思われた2009日本シリーズだったべが、ここから巨人打線が牙どご剥ぐす。
第3戦では得意の空中戦に持ち込み、先制されるも李、阿部の連続本塁打で追いつき、最終的には小笠原選手のタイムリーで勝ち越し、2勝目どごマークしてだス。

 

翌日は日本ハム打線が爆発。
巨人の高橋尚どご3回で早々に攻略し、まだタイに持ち込みます。

 

んでもって、本シリーズ最大の山となったズ第5戦。
両先発の好投で投手戦となり、巨人が8回裏に追いつくも、日本ハム4番高橋の本塁打で9回表どご終了し、2−1で日本ハムリード。
ホームとしゃべる事もあり、大勢の観客は日本ハムの勝利どご確信しとったことだべ。
んだどもシリーズどご通して調子の上がらなかった日本ハムの守護神、武田久が大乱調。
亀井にいきなり初球どご叩かれ、ホームランで同点。
んでもって1死後には阿部がライトスタンドへ放り込み、サヨナラで巨人が勝利してだス。

 

そごさ巨人が6戦目も勝利。
2009日本シリーズは、巨人が4−2で覇権どご手にしてだス。