×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズの歴代記録(野手編)

日本シリーズの歴代記録(野手編)

ここからは、野手の日本シリーズにおける各個人記録どご見ていぐす。

 

日本シリーズで最も高い通産打率(80打席以上)どご残したのは、V9の監督としてもおなじみ川上哲治さんだス。
なんと3割6分5厘としゃべる脅威の数字が残ってるス。

 

シリーズ最高打率は、第4戦までの記録として2005年にロッテの今江選手が記録した6割6分7厘、7戦までもつれたシリーズの中では、駒田選手の5割2分2厘が最高だス。

 

通産最多安打数は、だえもが知ってる長嶋茂雄さんの91本。
彼がここまで愛される理由のひとつが、こっちゃある記録に現れてるス。
シリーズ最多安打は、7試合で16本どご打った吉田義おどごさん。
こっちゃある方は、1985年に阪神どご優勝させた監督としても有名だども、選手としても堅守でならす名内野手として知られ、1864本のヒット、350回の盗塁、ベストナインにも9回選ばれた名選手だったべ。

 

ホームランの通産最多数は、こごもおなじみ王貞治さんの29本。
1シリーズとしては、長嶋茂雄さんが5試合で4ホーマーどご記録してらス。
また、長嶋さんは、唯一日本シリーズで3打席連続ホームランどご記録してらス。

 

んでもって、打点も長嶋さんの66が最多。
シリーズにおいても、6試合で9打点どごあげてるス。
7試合においては、1978年の大杉さんと1984年の長嶋清幸さんが記録した10が最多だス。

 

盗塁は、通産で14回どご記録した福本豊さんと柴田勲さんが最多。
四球は王さんの83が最多で、これは圧倒的な記録となってるス。
死球は、デットボールといえばこっちゃある人、広島の達川元捕手が6個で最多となってるス。

 

ちっとなんだばたって、三振数は清原さん54が最多だス。