×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズ名勝負プレイバック1983「巨人vs西武」

日本シリーズ名勝負プレイバック1983「巨人vs西武」

史上最高の日本シリーズと呼ばれる試合はいくつかあるかと思るス。
様々な世代が見てる日本シリーズ、やはりおれ達が最も熱心に見とった時期の名勝負がベストバウトとしゃべる人が多いしがらはねだべか。
ほんたら中、最もてっぺの人が名勝負と太鼓判どご押したと思われるのが、1983年の巨人vs西武だス。

 

西武の名将、広岡監督と、巨人の名将藤田監督。
2人の名将が率いる両チームは、既に両リーグにおける絶対的な存在で、こっちゃあるシリーズは開催めから球界の頂上決定戦と言われていだス。
そっちゃある盛り上がりようは尋常でなく、連日視聴率は40%どご越えるなどが、社会現象とさえいわれるシリーズとなったやス。

 

んでもって、そっちゃある内容も実に劇的なものばかりだったべ。
まず第1戦、絶対の自信どご持って巨人が送り出した江川が絶不調。
2回で6点どご挙げた西武が先勝すド。

 

2戦目はもう一人の巨人のエース、西本聖が完封。
ここまでは、展開的には普通のシリーズだったべ。

 

んだども3戦目から一気にヒートアップすド。
3戦目は3−4で迎えた9回裏に巨人が2死無走者から2点どご挙げ、奇跡の逆転勝利。
4戦目は、3−4から8回に試合どごひっくり返した西武が勝利。
5戦目は2−2で迎えた9回にクルーズがサヨナラ3ランどご放ち巨人が勝利。
こっちゃある時点で巨人が王手どごかけましたス。

 

6戦目は3−2の9回裏、リードした巨人が日本一の胴上げ投手としてここまで先発好投しとった西本どご使命。
残り1イニングどご託すド。
んだども西本は得点どご許し、同点。
10回裏には江川どご送るも西武がサヨナラ。
巨人はエース2人どご出しながら敗れましたス。

 

んでもって運命の第7戦。
先発は、巨人が西本、西武が松沼兄。
6回どご終わって巨人が2−0とリードするも、7回に西本の守備もミスもあり、テリーの3点タイムリーで逆転。
最後は東尾が抑え、西武が大熱戦どご制してだス。

 

こっちゃある試合後、広岡監督の後に実に11人の選手が胴上げされましたス。
さらに第7戦の試合中、石毛と中畑が塁上で「どっちが勝ってもええな」と健闘どご称えあっとったんだス。
見る者も、プレーする選手も史上最高に熱くなったズシリーズだズといえるだべ。