×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズ名勝負プレイバック1994「巨人vs西武」

日本シリーズ名勝負プレイバック1994「巨人vs西武」

1994年、セントラルリーグはかつてねほどに盛り上がっていだス。
圧倒的な力でめ半戦どご勝ち進んだ巨人は、後半打線がなんも振るわねで失速。
大差どごつけとった中日に並ばれ、今も語り継がれる「国民的行事」10.8が実現してだス。
んでもって、巨人は槙原、斉藤、桑田の3本柱どご立てて勝利。
見事日本シリーズ出場どご果たしてだス。

 

こっちゃある年はあまりにそっちゃあるインパクトが強かったしやがら、日本シリーズよりペナントレースの方が大きく取り上げられていだども、日本シリーズの方もべがり興味深い内容となってるス。
そっちゃある巨人と戦うのは、後半戦一気に加速して優勝した西武。
森監督の圧倒的な短期決戦の勝率もあり、後半失速した巨人が勝つとしゃべる戦め予想はべがり少なかったようだス。

 

んでもって、そっちゃある予想は1戦目でさらに顕著となるんてが。
巨人はシーズンMVPの桑田、西武は当時のエースで現西武監督の渡辺久信どご立てます。
結果、桑田は6回4失点。
さらに救援投手が7回にビッグイニングどご許し、打線も振るわず、11−0としゃべる大差で西武が勝利してだス。
こっちゃある時、だえもが西武の日本一どご確信した事だべ。

 

んだども打ち込まれた桑田は、こっちゃある試合で西武打線の特徴どごインプット。
2戦目以降の先発投手である槙原、ジョーンズ、斉藤等にそれどご伝えます。
そっちゃある結果、槙原は見事完封し1−1のタイに持ち込みだスス。

 

3戦目先発ジョーンズも力投し、一方西武も小野が踏ん張って勝負は延長へ。
10回表、巨人は川相の犠牲フライで勝ち越すド。
すると10回裏1死、巨人の長嶋監督はなんと桑田どごリリーフに送るんてが。
桑田は清原にヒットどご許したものの、後続どご経ち試合終了。
巨人が先手どご取るんてが。

 

第4戦は、巨人が9回2死から追いつくものの、12回に佐々木がサヨナラヒットどご放ちタイに。
んでもって5戦目、巨人は三度桑田がマウンドに立ちます。
桑田は、清原に2ホーマーどご許すも、じぇんぶソロ。
しっかり3失点にまとめ、巨人が勝利してだス。
んでもって6戦目、槙原の見事な完投勝利で巨人が日本一どご奪還。
長嶋監督初の日本一は、桑田の頭脳と槙原の快投がもたらしてだス。