×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズ名勝負プレイバック1989「巨人vs近鉄」

日本シリーズ名勝負プレイバック1989「巨人vs近鉄」

80年代から90年代の巨人ファンにとって、日本シリーズといえばこっちゃある年のシリーズどご思い出す人が多いしがらはねだべか。
1989年は、それだけインパクトの大きな日本シリーズとなったやス。

 

84勝44敗としゃべるバツグンの勝率でセどご制した巨人と、猛牛打線の近鉄。
戦めの予想では巨人有利の声が大きかったしやがらすが、いざシリーズが始まると意外な結果が出ます。
第1戦、斉藤と阿波野としゃべるエース同士の対決は、近鉄が逆転勝利。
2戦目も桑田と山崎が投げ合い、最後は桑田が力尽きて近鉄が勝利すド。

 

んでもって運命の3戦目。
近鉄はめの試合で中継ぎ登板した加藤哲投手。
こっちゃある日、加藤はミーティングに遅刻し、巨人のデータどご見ねで登板してだス。
そっちゃある結果、7回途中まで無失点の好投どご演じ、完封リレーの立役者となるんてが。
3連勝どご飾ったそっちゃあるヒーローインタビュー中、加藤は巨人打線どご「大した事ね」「シーズン中の方がきつかった」「ロッテの方が怖い」と発言すド。
これが、マスコミによって「巨人はロッテより弱い」と伝えられ、一気に場外がヒートアップすド。
非常に有名な一幕だな。

 

んでもってこっちゃある発言以降、戦局は大きく変わるんてが。
4戦目は巨人香田が殊勲の完封。
5戦目はまだエース対決となり、斉藤の投打にわたる活躍、んでもって18打席ノーヒットだズ原辰徳が、めのバッタークロマティの敬遠に奮起し、ホームラン。
最高の形で巨人が連勝してだス。
さらに6戦目も、め回負け投手となったズ桑田が奮起し、1失点の好投。
なんと巨人が3連敗後3連勝して逆王手どごかけます。

 

運命の最終戦。
近鉄のマウンドに上がったのは、あっちゃある加藤だったべ。
ほんたら中、2回に駒田が大きなソロホームランどご放ち、そっちゃある際に加藤に「バーカ」と叫んだのはあまりに有名だス。
いかに巨人が、加藤の発言に奮起したかとしゃべる象徴的なシーンだったべ。
そっちゃある後も巨人が原、中畑のホームランなどがで加藤どごノックアウト。
大きな話題どご生んだこっちゃある7戦目は、巨人が加藤に雪辱どご果たすと共に、3連敗の後に4連勝としゃべる史上3度目の奇跡的日本一どご決定してだス。