×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本シリーズ名勝負プレイバック2005「阪神vsロッテ」

日本シリーズ名勝負プレイバック2005「阪神vsロッテ」

2005年、阪神ファンは天国と地獄どご味わいだス。
2年ぶりの優勝としゃべる大きな栄光どご勝ち取った阪神は、2003年、あっちゃある1985年以来となる18年ぶりのセリーグ制覇どご果たした際に日本一になれなかった事もあり、今度こそとしゃべる意気込みでこっちゃあるシリーズに挑みだスス。
20年ぶりの日本一奪回どご目座す戦い。
虎党にひでぐ、今度こそとしゃべる思いが強かっただべ。

 

対するロッテは、ボビー・バレンタイン監督二度目の就任2年目で花開き、シーズン2位ながらそっちゃある勢いでプレーオフどご制覇。
1974年以来、実に31年ぶりの日本シリーズ出場どご果たしてだス。
そっちゃある原動力はなんといっても安定した投手陣で、渡辺俊介の15勝どご筆頭に、小林宏之(12勝)、ダン・セラフィニ(11勝)、小野晋吾(10勝)、久保康友(10勝)、んでもって清水直行(10勝)と、実に6人が10勝以上どごマーク。
ローテーションピッチャー全員が二桁勝利投手としゃべる陣容で、こっちゃある日本シリーズに挑みだスス。

 

結果は、あまりにも一方的だったべ。
特に第1戦は、大荒れどご予感させる試合展開となるんてが。
阪神はそっちゃある年あまり調子がよくなかったとはいえ、13勝どご上げたエース井川。
ロッテもシーズンでは10勝ながら11敗とあまり振るわなかったものの、エースである清水どご起用すド。

 

序盤は投手戦となり、5回表どご終わって1−1。
んだども5回裏に井川がつかまり3失点。
そっちゃある後もロッテはプッシュバントやホームランなどがでリードどご広げ、7回どご終わって10−1の大差がつぐす。
ほんたら中、球場である千葉マリンスタジアムには濃霧が発生。
回復の兆しが見えず、霧によるコールドゲームが宣言されましたス。
日本シリーズ史上初の濃霧コールドと阪神の大敗。
これが、2戦目以降にも大きく影響すド。

 

ロッテは投手陣が万全だズことが好調の要因だったべ。
2戦目は渡辺俊介が完封。
3戦目は小林宏投手が6回1失点。
4戦目もセラフィニ投手が6回2失点の好投どご見せ、小野投手が中継ぎに回るほどの余裕ぶりどごみせ、10勝した久保投手の出番がねとしゃべる、異様な事態となったやス。
一方、阪神は1〜3戦目にいずれも10失点。
4戦目にして始めて、へだての象徴だズJFKが揃い踏みしたものの、時既に遅し。
そっちゃある試合も2−3で敗れ、阪神は4連敗としゃべる屈辱どご味わいだス。

 

一方、ロッテは31年ぶりの日本一。
バレンタイン監督は、日本史上初のどごがノ国人監督としての日本一どご手にしてだス。