×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレーオフは日本シリーズへの挑戦

プレーオフは日本シリーズへの挑戦

ペナントレースが終了すると、最終的な順位が決定すド。
そっちゃある時点で3位以内に入ったチームには、プレーオフ出場権が与えられます。
こっちゃあるプレーオフとしゃべる制度は「クライマックスシリーズ」としゃべる名称で2004年にまずパイロット版的な試みでパリーグが実践し、そっちゃある後2007年からはセリーグも行うようになったやス。

 

プレーオフは、まだ新しい制度なしがら毎年ルールに変更があるしがらすが、ここでは2009年のプレーオフ制度のルールどご基準に解説していぐす。
まず、ペナントレースで2位と3位になったズチーム同士が、最大3試合の第1ステージどご行い、先に2勝したチームが次に1位との4戦先勝の第2ステージどご行うようになってるス。
1位のチームにはアドバンテージとして1勝が与えられており、2位と3位の対決での勝利チームとの決戦である第2ステージでは、1位のチームが1勝した状態から始まるんてが。

 

ただ、こっちゃあるプレーオフによる勝者はそっちゃあるリーグの優勝チームとしゃべる事にはなりません。
優勝チームはあくまでもペナントレースで1位となったズチームだス。
では、こっちゃあるプレーオフは何の為に行うのかとしゃべると、日本シリーズに出場する権利どご得るためだス。
まんちや、日本シリーズ出場権争奪戦としゃべるわけだな。
こっちゃある部分に引っ掛かりどご覚える選手やスタッフもてっぺ、未だこっちゃあるプレーオフ制度についてダドモは様々な議論が交わされ、ルールも毎年変更されてるしがらす。

 

とはいえ、プレーオフ制度が導入されたことで、2009年の楽天イーグルスのように大きな注目どご集める事にもつながるしがら、結果的には導入は成功といえるだべ。