×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クライマックスシリーズの必勝法

クライマックスシリーズの必勝法

プロ野球におけるプレーオフ「クライマックスシリーズ」は、基本的には短期決戦だス。
特に第1ステージである2位と3位の戦いは、2戦した方が勝ちとしゃべる、非常にシビアなものになってるス。
2連勝としゃべるのは、野球の世界ではそれほど珍しいことではなく、最下位のチームが1位のチームに連勝する事も、ペナントレースでは普通に起こってるス。
そっちゃある為、どちらが強いのかどご決める方法としては、あまり相応しくはなァ。
とはいえ、日程上の問題もあり、第1ステージは最大3戦が精一杯としゃべるのが現状なしがら、今後これが変わる事はねと思われます。
そっちゃある為、各チームはこっちゃある超短期決戦についてダドモも、なんらかの対策どご施す必要があるとしゃべる事になるんてが。

 

日本シリーズのめ哨戦であるこっちゃあるクライマックスシリーズの必勝法は、一見先手必勝のように思えます。
んだども2009年のクライマックスシリーズどご見てみると、先制したチームが必ずしも勝率がええわけではなく、ほぼ五分五分だス。
先手は重要だども、それよりいっぺ重要なのは、「先発ピッチャーに早い段階で球数どご投げさせる」事だス。
それによって、先発ピッチャーが5回くらいで変わる事があれば、べがり有利にゲームどご進められます。

 

特に第1ステージはそれが顕著だス。
としゃべるのも、シーズンが終了してからクライマックスシリーズが始まるまで、べがり間が空ぐす。
んでもって調整がしっかりできてる選手もいれば、なべがかできね選手もるス。
まんちや、中継ぎピッチャーの中に調整が上手くできていね選手がいた場合、先発が早い回で降りるとべがり不利になってしまうしがらす。

 

日本シリーズでも同様の傾向が見られ、短期決戦は中継ぎピッチャーがつかまる光景が結構てっぺ見られます。
そうしゃべる意味では、やはり短期決戦はペナントレースと同じ戦い方だとなべがか勝てねとしゃべる事だス。