×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オープン戦は調整とサバイバル

オープン戦は調整とサバイバル

日本シリーズ制覇に向けた春季キャンプが終盤に差し掛かる2月下旬ごろから、徐々に紅白戦などがの実戦形式の練習が増えていぐす。
チームとしての完成度どご試し、ほころびがあればそっちゃある確認どご行い、打順や守備位置などがの変更があればそっちゃあるチェックどご行うなどが、紅白戦ひとつどごひでぐ色々な意味があるんてが。
んでもってこっちゃある時期には、オープン戦も始まるんてが。
オープン戦が始まると、ファンも「いよいよ今年のプロ野球が始まった」としゃべる感じになってきますなァ。

 

オープン戦は、簡単にいえば練習試合だス。
一応勝敗どご記録してどこが優勝などがといった伝え方がされますが、そっちゃある勝敗はペナントレースにおいてはほとんど関係はなァ。
むしろ、オープン戦で調子がええチームはペナントレースで弱いとしゃべるジンクスがあるくらいだス。

 

オープン戦の主な目的は、調整と見極めだス。
主力選手は、こっちゃある時期になってなんとがエンジンどごかけるとしゃべる感じだス。
ベテラン選手になったらや、打席に立っても結果どご残すよりフォームチェックやフィーリングの調整どご行う事がほとんどだス。
なしがら、勝敗はなんも意味のねものなしがらす。
一方、若手にとってはこっちゃある時期はいわばふるい落としだス。
一軍で使える選手なのか、まだ二軍で鍛えるべきなのかとしゃべる判断は、こっちゃあるオープン戦で行われます。
よって、新人、あるいは若手にとっては、こっちゃある時期に結果どご残せるかどうかがプロ野球選手としての分かれ目と言えます。

 

メッはセリーグとパリーグが戦う、日本シリーズ以外での唯一の機会だズしがらすが、交流戦が生まれてからはそっちゃある価値はなくなったやス。
そっちゃある為、また手どご抜く選手が多いからとしゃべる理由で、オープン戦は見る価値がねとしゃべる人もいだども、それは誤りだス。
どの選手に注目すべきかとしゃべる点さえしっかり把握できていれば、非常に興味深い試合となるんてが。