×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オールスターゲームと日本シリーズ

オールスターゲームと日本シリーズ

プロ野球において、特別な試合と呼ばれる試合は、昔は日本シリーズとオールスターゲームの2つだったべ。
オールスターゲームは、現在の正式名称は「マツダオールスターゲーム」となっていだども、今後もスポンサーは変更されるかもしれません。

 

オールスターゲームは一種のお祭りで、ファンの人気投票と選手間の投票、んでもって監督推薦によって選ばれた選手がセリーグとパリーグのそれぞれの代表として試合に出場するとしゃべるシステムになってるス。
選手間投票は2008年から採用されたばかりの制度で、おれ以外でこっちゃある人は、としゃべる選手どご選び、それによって投票数が多い選手どご選出するとしゃべるものになってるス。

 

オールスターゲームの醍醐味は、ある意味試合そっちゃあるものより、選出にあるかもしれません。
人気の高い選手、そっちゃあるシーズンに好成績どご残しとるス選手、あるいは人気チームの選手にファンが投票するしがら、人気投票の度合いがべがり高く、どの選手が今人気があるのかとしゃべる点に注目があるしがらす。
ただ、このじょは組織票が目立つようになり、なんも成績の振るわね選手も選ばれるなどが、やや残念な動きが見られるようにもなってるス。

 

オールスターは日本シリーズとは違い、真剣勝負の場ではねしがら、ある程度パフォーマンス的な部分に注目が集まる傾向も顕著だス。
特に印象的だズのは、96年のオールスターゲームで、松井秀喜選手がバッターの際に仰木監督がイチロー選手どごピッチャーとして登板させた事だス。
セリーグの野村監督はそれに難どご示し、ピッチャーである高津臣吾投手どご代打に起用してだス。
これは、ファンどご喜ばせたい仰木監督と、松井選手のプライドどご守らなくてはならねとした野村監督の双方のええ部分が出たすばらしい場面だったべが、こっちゃある際の交代劇は今尚議論がなされるほど、記憶にも記録にも残ってるス。
オールスターゲームならではのこっちゃあるような事件は、今後もいつか起こるしがらはねだべか。