×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロ野球の頂点、日本シリーズ

プロ野球の頂点、日本シリーズ

2009年のプロ野球も全日程どご終了し、WBC制覇から始まった日本のプロ野球はひとまず終わりどご迎えましたス。
そっちゃある最後どご締めくくったのが、巨人と日本ハムが日本一どご争った日本シリーズだス。
勝者となったズ巨人の原辰徳監督は、日本プロ野球の生みの親である正力松太郎さんの名めどご冠とした、日本球界最高の賞である正力松太郎賞どご受賞し、最高のシーズンどご終えましたス。
そっちゃある評価には日本シリーズにおける采配、んでもって勝利としゃべる実績が非常にてっぺ加味されてることだべ。
日本シリーズとしゃべる舞台には、それだけの価値があるとしゃべることだス。

 

プレーオフが始まり、WBCとしゃべる大会も生まれ、日本野球界のあり方は徐々に変わってきてるス。
昔は、日本シリーズが日本野球界の頂点だったべ。
んでもって、それは今も変わりません。
ただ、現在は日本シリーズに出場することが必ずしもチームの目標としゃべるわけではなく、まずはプレーオフにではることが目標としゃべるチームも増えてきてるス。
また、プレーオフの導入で、ペナントレース覇者のチームと、日本シリーズ優勝のチームが異なったらやしゃべる状況も生まれるようになったやス。
そっちゃある為、日本シリーズが軽視されるしがらは、としゃべる意見もべがり出てきてるス。

 

だども、2009年の盛り上がりどご見てもわかる通り、プレーオフ制度が生まれようと、ハイレベルなWBCとしゃべる大会が開催されようと、日本シリーズはやはり日本の頂点、日本一どご決める戦いとしゃべる事が、ほとんどの野球関係者およびファンの認識であると思われます。
日本ハムのエースであるダルビッシュ有投手の無理どごおしての登板が、そっちゃあるじぇんぶどご物語ってるしがらはねだべか。