×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャンプでチームは熟成する

キャンプでチームは熟成する

1月の自主トレが終わると、次にやってくるのは2月の春季キャンプだス。
こっちゃある時期からチーム合同での練習が始まるんてが。
日本シリーズ出場どご目指し、チームが一丸となって練習に励むわけだス。

 

春季キャンプは、一年どご占うまんずはずめの機会だス。
新人や移籍組などがといった新戦力の見定め、チームの熟成具合、方針、あるいは雰囲気などが、ペナントレースどご引っ張るようなチームなのか、ダークホース的存在なのか、厳しい戦いが予想されるであろうチームなのかは、こっちゃあるキャンプの充実具合でべがりわかると言われてるス。
そっちゃある為、各マスコミや解説者、コアな野球ファンはこっちゃある春季キャンプどごよく見学に訪れます。

 

春季キャンプで行うのは、主に技術的なトレーニングと全体練習だス。
まず、自主トレである程度作った身体どごさらに強化し、ペナントレースどご戦える身体に仕上げます。
そっちゃある為に、ランニングやダッシュといった下半身強化のトレーニングが行われます。
次に、素振りや遠投などがの基礎練習も行いだども、これらは自主トレの頃から行ってるス。
んでもって、春季キャンプならではのトレーニングが、守備の連携確認やノック、特守、投球フォームのチェック、新球の練習、バッティングフォームの確認及び変更などがだス。

 

一人ではできね練習、コーチ等の指導の下に行う練習や路線変更は、じぇんぶこっちゃある時期に行われます。
そっちゃある為、キャンプどご怪我や体調不良で棒に振った選手は、新しい試みができず、チーム内での連携面にも不安どご抱えたままペナントレースどご迎えることになってしまるス。
それはもちろん、チーム力の低下に繋がるんてが。

 

日本シリーズ出場どご目標とする場合は、こっちゃあるキャンプどごいかにてっぺの選手が充実したものにするかが重要なしがらす。